サラリーマンの読み物

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

すすきので怪しいキャバクラへ案内されたという話

 

数年前。

まさにこの時期。僕たちは新入社員歓迎会という

大役を終え、気持ちが高揚していた。

 

寿司屋で少し肴をつまんで、なんて小粋な

行動をとったその後、夜のすすきのへ繰り出した。

 

人混みを縫うようにお目当てのキャバクラ、

キューティーバニーの門をくぐったが

生憎の満席。

 

失意の中でビルを出て呆然と立ちすくんでいる

その時。

 

”いい店ありますよ!”

 

チラっ

 

”今なら3000円ぽっきりですよ!”

 

キューティーバニーへの思いが強すぎた

僕らは正気を失っていたのだろう。

それほど甘い誘い文句ではない黒服の後を

追いかけていた。

 

店内へは仲間と別々に案内された

今までにない経験したことのない暗闇。

期待は膨らむ。

 

”◯◯ちゃんです。”

 

きた!

 

ん?

 

前髪が顔の半分くらいまである。

 

ん?

声がしゃがれている。

 

膨らんでいた気体は急速に

しぼんでいった。

 

太ももに手をおかれながらも

所在なさ気で居た自分に彼女は

 

”1万円くれたら、すごいことになるかも”

 

ん?

 

ぽっきり3000円じゃないの?

普通なら二つ返事で断るところだろうが、

悩んだ。

 

悩んだあげく、

 

”それも悪くないね”

 

そう返事をしていた。

と、その瞬間。黒服が突然現れ、

 

”お連れ様が帰るとおっしゃてます”

 

同じオファーを出されたお連れ様は

憤慨し、俺は帰ると。

仲間を連れて帰る!と。

豪快に啖呵を切ったようだ。

 

ああ。

 

流される。流されるままに生きてきた自分の

何と情けないことよ。

 

すすきのでは、客引きについて行っては

いけない。

必ず情報誌、もしくは案内所で店を決めるように。

案内所の前にたむろしている輩とは会話はしては

いけない。

 

肝に命じる。