サラリーマンの読み物

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

メール連絡ができない会社との付き合い方

 

かなりの人達が感じていると思いますが

電話でのやり取りが仕事においては一番のムダ。

 

帰るの遅いなー

 

という人を観察していると、

いつもいつも電話しています。

まあ、そういうスタンスなら、それはしょうがない

けれど。

付き合わされる相手の会社の担当者が不憫です。

 

1つの仕事をしている時に唐突に

暴力的に時間を奪う電話。

社内連絡だろうと、社外だろうと

基本はメール。メールじゃ難しい時は

直接合って話す。

コミュニケーションから電話を意図的に

排除するようにしています。

 

最近取引がはじまった会社。

連絡先にメールアドレスがない・・・。

代表アドレスが一つあるようですが、

名刺に手書きされたそのアドレスに

メールを送ると帰ってくるし・・。

 

電話での連絡は必ず会社の固定電話へ

かけてくるし・・・。

移動しながら話が聞けないから、

座席から離れることができないから、

非常に迷惑です。

 

日本のある分野を牛耳る嫌われ者の

ある組織なんですが、

恐ろしく非効率。こういう柔軟性のない会社。

いまだに連絡手段にメールさえ使えないという会社。

 

どう付き合うか。

 

極力距離をおくべきでしょう。

よほどの利益を会社にもたらしてくれるなら

別ですがね。

 

付き合いが深くなればなるほど、

面倒なことが出てきそうです。

難しい受発注書があるとか、

完了報告書みたいなのが必要とか・・。

 

なるべくなら、仕事が出来る人達と

一緒に仕事がしたいですね。