読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンの読み物

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

長渕剛LIVEへ参戦した苦い思いで

アラフォーの音楽レビュー

 

 

長渕剛 LIVE ’89 (24bit リマスタリングシリーズ)

長渕剛 LIVE ’89 (24bit リマスタリングシリーズ)

 

 このLIVEアルバムは最高なんだけど

それはさておき。

 

今から約20年前。

予備校に通っていて、いろいろと

こじらせている頃に長渕剛のLIVEへ

参加した。

in 真駒内アイスアリーナ

 

恐らく後世まで語り継がれることなる

名曲キャプテンオブ・ザシップが世に

放たれたころ。

 

会場に到着して驚いたのが

サングラス率の高さ。

あちらには大きな長渕剛がいて

こちらには小さな長渕剛がいて

 

女性もちらほらと。

 

LIVEがはじまると、

”つよし〜”

”つよしー”

”づよジー”など思い思いの

剛コール。

途中

”つよしー しっかりしてー”

と、当時放映されていたアニメ題名を

挟んできた女史がいて、ときめいたのは

言うまでもないこと。

 

LIVEの終盤、

”おれも頑張るから、お前らも頑張れ”

剛が熱く自分に説いてきた。

予備校でこじらせていた自分は胸が熱くなった。

 

精一杯

剛と一緒にキャプテンオブ・ザシップを歌った。

 

”せい!”

”せい!”

”せい!”

 

拳を前に突き出して一緒に歌った。

 

剛はその数日後に大麻で捕まった。

 

”せい!”