サラリーマンの読み物

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

ホリエモンと755に対する偏見

 

755のCMが頻繁にやっているせいか

夫婦の会話にも何度か登場していて

何故かはじめから怪しむ妻。

 

"絶対マネージャーが書いてるよ”

”騙されそう”

 

”そっかなあ 俺もやってるけど

 そんな感じしないけどねえ”

流していたわけですが。

 


サイバーとホリエモンの共同出資による胡散臭いアプリ『755』の有名人返信率92%の記載が消えるwwww(画像あり) : GOSSIP速報

 

多分この辺を見たのでしょう。

 

”あれ、こないだ言ってた755

やっぱり胡散臭いみたい。”

”しかもホリエモンやってたんだってさ”

 

ホリエモンというだけで

胡散臭さの烙印が押されてしまう。

世間はやはりそんなものなんでしょうね。

 

自分は755を成功させるために

サービス提供側がちょくとくアプデを

繰り返したり、人力でコメントチェック

していたりっていうのを知ってるので

まったく胡散臭さを感じないのですが。

 

彼はゼロという本を出して、そんなイメージを

払拭しようとしたんだけど、

本などみない、テレビだけをひたすら見る層って

多いですからね。

 

妻のこの発言は、なんだか寂しくもあり

狭い価値観の中で生きていることを

象徴しているよなあと。

 

いつか自分が、サラリーマンに飽きて

独立なんかする時、彼女は受け入れることが

できないだろうな。

 

755の話とはずれましたが

そんな話です。

 

 もう少しで出る、自叙伝的な

この本、多くの人に届くことを

祈ります。

 

我が闘争

我が闘争