サラリーマンの読み物

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

アラフォー仕事ごと

電話をかかってこなくする最強の方法

かなり電話がかかってくることが少なくなりました。 今までは電話でクライアントと話していて、切った瞬間にまた次の電話がかかってくるという生活をしていました。 1日に着信が50件、発信が50件、そんな履歴をさも得意げに同僚に披露していたわけですが、今…

神田昌典の「非常識な成功法則」が思いのほか良書だった件

昨日の夕方は妙に気分が苛立ちました。日曜日だというのに勿体無いし、奥さんや犬たちには悪いことをしたなと心から思います。 原因はやはりまたアルコールだと思います。 久しぶりに2日連続、軽くではありますが晩酌をした事が影響をしているのではないでし…

気持ちよく月曜日を迎えるための日曜日の過ごし方

サラリーマン家業を20年近くやっていますが、未だに月曜日は憂鬱でしょうがありません。 特に誰か嫌な人がいるわけではないですし、クリアできない仕事が待っているわけではありません。 それでも月曜日の朝はこの世の終わりのような気分になってしまいます…

通勤時間が長い人はどうして仕事ができないのか

同じ職場に勤めていて、同じような所得だけれど、通勤時間が短い人もいれば長い人もいます。 通勤時間が短い人、長い人の顔ぶれを見ていると、不思議と大きく2つの傾向にその顔ぶれが別れていることに気がつきました。 通勤時間が短いグループには仕事ができ…

習慣の力という劇薬を読んだ話。

良い本だった、読んで良かったという本のタイプは自分にとって2つに別れます。 一つ目が、読んでいて興奮して行動に繋がるような本です。 ホリエモンの本とか経沢香保子さんの本なんかはこっち系です。 やる気出ないなあなんて気分の時に読んだりします。 中…

ホリエモンのおかげで電話イコール仕事ができない人の図式が成立しつつある

ホリエモンの新刊、多動力が売れに売れているようです。 実際さくさく読めて面白かったし、共感できるところ多しでした。 中身は「ホリエモン流仕事術の最新版」というところで、特段目新しい事が書いてあるわけではないのですけれど。 多動力 (NewsPicks Bo…

印刷会社はもうダメだと思う3つの理由と生き残れる印刷会社

印刷会社というか、自分のように印刷をメインとした広告代理店に勤務する人間も同様にダメだと思います。 時間の問題、終わりがが近づいてきたような気がしいるのです。 紙の需要が減っている もう至極当然の事だけれど、みんな紙を必要としていない。 必要…

SMAP3人の独立は私達会社辞めたいサラリーマンの試金石となるのか

SMAPのメンバーがジャニーズ事務所との契約を更新するかどうか。 その決断をし、意思を伝えるのがこの6月と言われています。 ところで、SMAPのメンバーを見ていると、私達サラリーマン世界の縮図を見ているような気分になります。 木村拓哉、事務所(会社)…

睡眠負債とさようなら。睡眠をしっかりとることはメリットしかない

40歳を超えて、朝早く目が覚めてしまうなど、長い間寝ていることができなくなってきました。 それでも、1日7時間程度は寝るように努力しています。 今は5時位には目が覚めてしまいますので、夜は遅くとも10時位、できれば9時台に寝室へ行くようにしています…

昼飯を食うと疲れる

お昼ご飯を食べると疲れます。 正確に言うと、がっちり食べると疲れます。 午後の仕事のやる気が数時間削がれます。 血糖値が上がって眠くなるということでしょうか。 お昼はサンドイッチや、おにぎり一個程度で十分です。 最近、ランチは基本食べないという…

電話好きと喫煙者とは仕事をするな

自分がる営業部署には約40人の社員が働いていています。 自分のように定時で帰る人もいれば、毎日5時間程度残業をするような猛者もいます。 約半数が喫煙者で、コミュニケーションの手段として最も使われているのが電話です。 少し昭和な時代遅れの職場なの…

サラリーマンが気をつけるべき匂いについての3つの基本的なこと

匂いというは私達が想像をしている以上に、人の感情に影響を与えるのではないでしょうか。 自分があまり好きではない匂いがする人とは、どうしても距離を置きたくなってしまいます。 ですからサラリーマン、とりわけ人からの印象が業績に大きな影響を与える…

もっと早く買っておけば良かった。「ドルツ ジェットウォッシャー」はやっぱり口臭に効いた

過去に口臭がひどくて、歯を徹底治療した経験ありのアラフォーです。 徹底治療ですっきり口臭なしになっていたつもりでしたが、どうも最近ぶり返しているような気がしていました。口臭が。 サラリーマンたるもの、営業マンたるもの、やはり口臭がキツイと落…

ホリエモンの本はもう読まないと決めた私が「多動力」を読もうと思った理由。

ホリエモンの本は何冊も読んだ。 逮捕される前も何冊か読んでいたし、釈放後出版された本に関しては自伝的な側面もあった「ゼロ」はもちろん、立て続けに読んだ。 妻にも「ホリエモンすきだね〜」と苦笑されてしまった。 どうしてそれほどホリエモンの本が好…

やる気がでない時は「経沢香保子さんだったらどうするだろう」と思うようにしている話

先日、ふとしたきっかけから久しぶりに資料作りをしなければならなくなりました。 昔いた会社では毎日のようにパワポを使って、果たして意味があるのだろうかというような会議資料を作っていましたが、今の会社にきてから約10年、まったく資料作りとは無縁の…

残業が減らない人と残業をしない人の2つの違い

残業削減が世の中の流れになってきて、少し古風な我が社でも早く帰宅することをが自然な事になりつつあります。 それでも今まで通りの仕事をして、今まで通りの時間に帰宅する人が大多数です。 一方、今まで通りの仕事量なのですが、定時に帰宅できる人もポ…

経験したら分かる、禁酒をすると仕事がはかどるという話。

家庭の事情なんかのせいで、最近はまた飲酒が多目になっていました。 1ヶ月程度ほぼ毎日飲酒をしていて、酒量も若干多目。 ストロングゼロの350缶✕2、もしくは350缶+500缶を日々飲んでいました。 どうにも仕事のスピードが遅い。 そう感じたのが今週の月曜…

「完全残業ゼロのIT企業になったら何が起きたか」を読んで希望と絶望の両方を感じた話。

最近メキメキとTwitterで見かけるようになった、残業ゼロのシステム会社社長の本が発売されたとのことで、応援の意味も込めて読んでみました。 「完全残業ゼロのIT企業になったら何が起きたか」という本の最も良い所が無駄がなく短いという所。 今朝起きてか…

連休明けの仕事が嫌にならないたった1つの方法

ついにGWが終わってしまいました。 今年は多くの人が後半5連休という暦で、連休明けは月曜という、サザエさん症候群にいつも以上に苦しんだ人も多いのではないでしょうか。 昔働いていた会社の上司に、連休明けはやけに厳しい女性がいました。 連休明けの朝…

電話をする人は仕事ができない。電話をする人が迷惑な理由は?

今年に入って働いている4人編成のチーム。 そのうちの2人、びっくりするくらいにいつも電話をしています。 朝のミーティングが終わったら、即電話がかかってきて、その電話で話をしているうちに、また電話がかかってきます。 やっぱり電話をする人は仕事がで…

意外?仕事が遅い人はミスが多くて、仕事が速い人はミスが少ない

車を運転する人ならわかるかもしれません。 とろとろ走っていている人に限ってウィンカーを出さなかったり、突然進路変更をしてきたりと、危険極まりない運転をしているケースが多いのではないかということに。 並走する時にそんな車の運転手の顔を見てみる…

疲れが溜まっている人は騙されたと思って夜の9時に寝てみて欲しい。

疲労回復には睡眠が一番。健康にも睡眠が一番。 すっかり定説になってきた。 もちろん若い内、30代だったら多少睡眠が不足してもグングンズイズイ仕事をすることができる。 もちろんガンガンズイズイ遊ぶこともできる。 かくいう自分も20代の一時期は夜の2時…

最初の週末、 新社会人の皆さんはキャバクラには気をつけた方が良いという話

社会人になって最初の週末が近づいてきた。 東京などは桜の咲く季節だそうで、歓迎会を兼ねた花見なんかも行われることだろう。 この歓迎会で気をつけてほしいことの筆頭。 それはキャバクラデビュー。 歓迎会が終わった後、「よしもう一軒行くぞ!大人の遊…

社会人のたしなみ?スマートウォッチでもチープカシオでも良いので腕時計はした方が良い3つの理由

スマホがあるし、お金もあまりないので腕時計は基本しないようにしている。 というか、飲み幾度に気持ちよくなって腕を解放したくなって外してしまうからだ。 所以失ってさまようのだ。時計が。 時計を買っては1週間以内で喪失する。 そんな経験を何度もして…

口の臭い部下が教えてくれたたった1つの役に立つこと

3月は別れの季節。 自分も口の臭い部下との別れることになった。 出会った頃、ちょうど1年前はほんのり臭い匂いだった彼の口は、1年経った今では立派な刺激臭がするようになった。 暇で暇で眠くしている時に話しかけてくれると、意識が戻ってくるのでまあ有…

仕事ができる人になるために、目標となる先輩なんか必要ないという話。

昨日の朝はいつもより遅い時間に家を出ることになってしまい、遅刻の恐れがあったため、道中は小走り時々全力疾走で会社へ向かった。 会社へ向かう道中の半分ほどの所で、同じ会社の女性社員の姿を見かけた。 いつも自分はもっと早い時間に会社へ向かってい…

意外と凄い?サラリーマンはオワコンAKB48の柏木由紀に学ぶことがある

犬の散歩で忙しい毎日を送っています。 朝1時間程度は散歩をする役割をあたえられているため、道中が少しでも寂しくないようにradikoで朝の情報番組なんかを聴くようになりました。 しかしながら先日の土曜日、いつものように情報番組を聴こうと色々とチャン…

驚くかもしれないけど、勘違いしない方が良いのは残業なしの方が辛いケースも多いと言うこと。

残業しないでせっせと定時で帰っていると、楽をしているようにみられて、仕事を振ってくる人がいます。 残業していないから、楽をしてるなんてとんでもない。 残業しないで帰るためには、基本無駄話をしない、タバコは当然吸わない、仕事の進捗が悪ければ、…

あ、40代は攻め時と言うけれど、一体どう攻めるとよいのだろう。

先日、ベビーシッターサービスを展開している経沢香保子さんのTwitterをみていると、とても勇気の出る呟きがあった。 40代はこそ攻めたほうが良いというような内容だったと思う。 確かに、定年が60歳だと考えたとしても、40歳なんてまだ仕事人生の折り返し地…

本音の話!ランサーズやクラウドワークスで半年間1円未満ライターをやってお金以外の3つの良かったこと。

昨年の前半、ランサーズやクラウドワークスでライターの副業のようなものをやっていました。 タスクが大半ですが、いくつかの継続案件にも挑戦しました。 キュレーションサイト問題が勃発する少し前、唐突にやる気がなくなってしまいましたが、それでもトー…