サラリーマンの読み物

できるだけ残業を少なくして、自分の人生を楽しむための方法をサラリーマン20年の経験からお話します。

アラフォー仕事ごと

外での飲み会は危険がいっぱい?アラフォーサラリーマンはお酒で失敗する

先日、同業者が集まる新年会に行ったときの話しです。 自分は事情があって車での参加となりました。 飲酒運転などもってのほかですし、代行運転もあまり好きではありませんでしたので、珍しくノンアルコールでの飲み会への参加です。 久々のノンアルコールの…

コピー機を昼休みに使えば早く帰れるようになる

決められた時間に出社して、決められた時間に昼休憩に入る。 サラリーマンですから、会社の就業規則の通りに働くのは当たり前かもしれません。 でも、皆と同じ時間に同じ事をやらずに、少しだけズラして働くことにより、1日に時間が有効に使えるということを…

売れない営業マンが最初に見直すべきたった3つの事

営業成績が芳しくない。 そんな悩みを新年から抱えていて、さあ今年こそはと考えている人もいるでしょう。 もしも自分が本当に売れない営業マンであると感じるのであれば、まず見直してみて欲しい事が3つあります。 口臭がキツくないか。 口が臭い人はやは…

派遣社員を食事に誘ったら危なくクビになりそうになった話

数年前、とある大手企業に勤務していました。 とある微妙なプロジェクトのために、派遣社員を10名ほどを統括することになりました。 派遣社員は全て女性でした。 基本妙齢の女性が多かったのですが、中にすこぶるタイプの女性がいたのです。 当時まだ独身だ…

禁煙のススメ?タバコを吸うサラリーマンは何故仕事ができないのか。

飲食店が原則全面禁煙となる法案が提出されるようで、喜ばしい事です。 これで会社の飲み会でも、スーツが臭くなるという事が減りそうです。 さて、自分の周りにも沢山いる喫煙者、仕事ができない割合がとても高い。 どうして喫煙者は仕事ができないのでしょ…

サラリーマンが風邪をひかないようにするたった3つのコツ

1月も中旬から下旬に入ろうとしてします。 次の祝日は土曜日と重なりますから、しばらくは週5日勤務を続けなければなりません。 有休をたまに使わないと息切れをしてしまいそうです。 インフルエンザが猛威を奮っているようです。 ここ数日、注意報になった…

転職は働きながら?会社を辞めてから?そのメリットとデメリット

日本中、非常に寒いと話題のここ数日です。 私が住んでいる札幌でも、連日最高気温が氷点下の真冬日が続いています。 いつまで続くのでしょうか。 私が1回目の転職活動をはじめたのも、1月中旬のこんな寒い時期でした。 1月中旬というと、転職を思い立ったあ…

職場の空気を悪くしてしまう変人が周りにいる人達へ

何か楽しい話で盛り上がっている時に、話にな入らないで黙々と仕事をしている人。 新しい仕事がうまくいきそうな部下に対して、細かい事を言って不安にさせてしまう人。 何故だか職場の空気を悪くしてしまう人っていますよね。まあ変人ですね。 実は自分なん…

アラフォーの私たちに定年後の人生というものはあるのだろうか

年末年始、私と妻、それぞれの実家へ行く機会がありました。 私の父親は既に仕事をリタイヤしていて、妻は元々専業主婦なので、まさに老後に突入して、年に1回程度旅行に行ったりしているようです。 妻の両親は、二人共がそれほど長い時間ではありませんが働…

仕事の邪魔になる電話をできるだけ減らす方法

我が社では、工場を併設しているということもあり、電話の取次をスピーカーで行います。 「営業部のコワルスキーさん、2番の外線電話が入っています。」という具合です。 誰あてに電話がかかってきているのかが、社内中の人にわかることとなります。 年始で…

メールは失礼?お客様と直接会うのが良い営業マンなのか?

昨日、新年最初の営業会議が開かれました。 営業会議と言っても、淡々と伝達事項や数字の進捗、そしてトップの営業部長からのお言葉を聞くという、ありがちな古きタイプの会議です。 さて、営業部長はこんな事を話していました。 今年の我が営業部隊は、スピ…

部下に早く帰ってもらうにはどうした良いのか。

残業の話をしていると、管理職の方からこんな話をされることがあります。 自分は早く帰ることができるようになってきたけれど、部下が中々早く帰ってくれないという話です。 これは中々難しい話です。 自分も日々試行錯誤しています。 部下に早く帰ってもら…

サラリーマンが一度は転職をした方が良い理由。

新しい年がはじまりました。 今年こそはと、新しい事にチャレンジをしようと考えている人も多いのではないでしょうか。 そのチャレンジが転職という人もいるでしょう。 しかしこの転職、いざ活動をはじめると本当にしても良いのか、意外と悩んでしまうもので…

「頑張れば賃金上がるという」間違った常識が膨大な残業を生み出してきた親玉。

労働組合の親玉の発言が色々と波紋を呼んでいるようです。 newspicks.com 一見、労働者のためを考えてこその発言のように見えますが、何をぬるいことを言ってらっしゃるという感じです。 頑張って成果が上がれば賃金が上がるならよくわかるんですが、ちょっ…

サラリーマンが職場で話題にしてはいけないこと。

仕事始め後、最初の週末であった昨日は、職場の新年会に参加したという人もいらっしゃったことでしょう。 まだ仕事も本格的に始動していない時期に開催される新年会は、前向きな気分でゆったり楽しめる数少ない職場で開かれる宴会ではないでしょうか。 ただ…

サラリーマンが宴会で店を選ぶ時に気をつけたいこと

仕事始めが無事に終わり、明日からの3連休に備えて、今日が新年会という人も多いのではないでしょうか。 忘年会をやったばかりなのに、もう新年会かとちょっとウンザリ気味の人もいるのかもしれません。 さてこの新年会ですが、せっかくですから美味しいもの…

中小企業勤務のサラリーマンが今年やらないと決めたこと。

平穏なお正月も終わり、いよいよ本日から仕事はじめです。 新年や仕事はじめ、多くの人は今年やりたいことなどの目標を立てるかと思います。 しかし自分はここ数年、「やらないこと」を決めるようにしています。 何かをやるより、やめたりやらないほうが簡単…

サラリーマンが仕事始めにやらなければならないこと。それはやっぱり掃除。

いよいよ待ちに待った仕事始めです。 さくっと同僚たちに年始の挨拶をしたら、後はやることがありません。 そんな人も少なからずいると思います。 1月は仕事始めの後に訪れる3連休が終わるまでは、自分も世間も中々エンジンがかからないものです。 無理をし…

サラリーマン必読の警察小説「隠蔽捜査シリーズ」と「エゴを抑える技術の」関係性

お正月ということで、たまには普通の小説でも読もうと思い手に取ったのは隠蔽捜査氏シリーズの最新作です。 なんだか昨年のお正月も隠蔽捜査シリーズ読んだような気がします。 去就―隠蔽捜査6― 作者: 今野敏 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2017/01/06 メ…

仕事ができる人は何故声が大きいのか?

サラリーマンになってからの20年、沢山の人と仕事で関わりました。 この人は仕事ができるなあという感じる人達に、1つの共通項がありました。 皆、声が大きいのです。 ぼそぼそと話しをするようなサラリーマンで、仕事ができる人というのを殆ど見たことがあ…

年末に嫌な本と出会ってしまったという話〜エゴを抑える技術

サラリーマンとして働き続けて約20年になります。 良い時も悪い時もそれなりに経験をしてきました。 良い評価を受けたり、到底満足することができない評価を受けたりという事もありました。 そんな20年のサラリーマン人生の中で、一番良い仕事ができて、かつ…

何故サラリーマンが残業をしてはいけないのかという話。

いよいよ大晦日です。今年は珍しく悔いがあまりない1年だったような気がします。 それもこれも、残業をあまりせずに家族との時間を過ごしたり、本を読んだりする時間を増やせたりができたこと。 にも関わらず、仕事の質を下げることがなく、いやむしろ上げる…

正月休みでサラリーマンが気をつけなければならない たった3つのこと

朝のニュース番組も通常放送をやっているテレビ局がなくなって、いよいよ年末年始の休暇に突入したということでしょうか。 この正月休暇もサラリーマンになって20回目位ですので、流石に経験値が溜まってきました。 そして、毎年同じ失敗を犯しているような…

徹底的に残業をしないようと心がけた1年間の成果は

何故か本日まで業務がある我が社。 取引関係のある会社はクライントであり外注先であり、殆どが昨日で仕事納めなのに。 しかも有給休暇をとるのはご法度という状況。 殆どの人が掃除以外にやることはないというのに。 来年はこの壁を突破したいものです。 今…

営業マンにとって年末年始の挨拶回りは不毛なのか

今日が仕事納めという人も多いでしょう。 ようやく久々の、お盆休み以来の長期休暇です。 思う存分楽しみたいものですが、自分は特に遠出する予定もありませんので、愛犬のロング散歩と読書三昧になるのだろうかなと思います。 さて、年末年始と言えばある趣…

長時間睡眠は仕事や人生の質を好転させるという話し。

20代の頃、NTTに勤務していた一時期の影響で、夜通し働くことになれてしまいました。夜は12時を超えてから、馬力を出してなんぼというような気持ちで働いていた時期があります。 NTTを退職した次の職場では、色々とうまくいかないことが多く、うまくいかない…

年末は来年の自分へ時間を与えるために掃除をするチャンス

12月26日の朝です。多くのサラリーマンの方々にとっては、今週3日程度出勤をすれば、年末年始の休みに突入と感じなのではないでしょうか。 実質の仕事は先週末で終わっていて、時間の余裕があるというような方も多いでしょう。 もし年末休みまでに、余裕があ…

配偶者が専業主婦だとサラリーマンは成功しやすい?

気がつくと昨夜はクリスマスイブです。 独身時代は常にその過ごし方を悩んでいましたが、結婚してからは力まずにピザなんかをつつきながらお酒を飲んで楽しめて、穏やかに過ごせるようになりました。 さて、結婚してから決めなければならないことの1つに、共…

iPhoneの画面が割れたままなのは、前歯が抜けたまま放置しているようなもの

iPhoneの画面が蜘蛛の巣のように割れている人が周りにいないでしょうか。 先日飲み会に参加している時に何気なくチェックをしてみると、10人中3人が蜘蛛の巣iPhoneを所有していました。 かく言う自分も昔は、昔はといってもiPhone3Gsの頃ですが、がっちり画…

24時間仕事バカな仕事好きは何が問題なのか?エイベックス社長のブログを読んでみて。

エイベックスの松浦社長のブログが若干話題になっています。 労基のから是正勧告を受けたけれど、24時間働き続けたい仕事好きだっているんだから、時間で管理するのって時代遅れじゃない? ということのようです。 blogos.com 私は超大手、成長中中小企業、…

あなたが仕事で失敗するのは声が小さいから?

冬至という底を抜けましたので、後は春に向けて日が長くなる一方です。 ここから先は前向きな気持で一日を過ごすことができそうです。 さて、職場で向えの席に座っている同僚の話しです。 彼は学歴も良く、人柄も良く営業マンとしても泥臭い営業が出来て非常…

今年AmazonのKindleストアで購入して満足したビジネス書5選

いよいよ1年で最も日が短い日が近づいてきました。 12月21日6時の札幌は真っ暗です。というか、今日が冬至なんですね。 後は日が長くなっていくだけだと考えると少し気が楽です。 さて、今年1年も後少しで終わろうとしています。 1年単位で物事を考える必要…

残業撲滅の即効薬になり得る?残業ゼロが全てを解決するを読んでみて

残業ゼロが全てを解決するという何とも香ばしい匂いのする本をAmazonで発見して即Kindle版を購入しました。 東洋経済のビジネス書ランキングでも上位に来ていましたので、今はまさに残業を削減させようという機運が高まっているのかもしれません。 電通の若…

ライフシフトを読んで〜あと40年も働くために考えるべきこと

何故か読書にはまっている近頃、ちきりんの自分の時間を取り戻そうからの流れで読み始めたのが以下の本。 LIFE SHIFT(ライフ・シフト)―100年時代の人生戦略 作者: リンダ・グラットン,アンドリュー・スコット 出版社/メーカー: 東洋経済新報社…

サラリーマンは朝のルーティーンを決めてスタート1日のスタートダッシュをかます

ひどく寒い朝を迎えた札幌です。 これだけ寒いと朝起きるのも一苦労です。と同時にベッドの中でヌクヌクとしていることの幸せたるや筆舌に尽くしがたいものがあります。 さて、サラリーマンを20年近くやっていて感じるのが、毎日一定のレベルで仕事をするこ…

アルコールが仕事に与える悪影響について考えます

昨日は謎に気分が盛り上がり、愛妻が寝床へ逃げ込んだ後に独りでハイボールをかっくらってしまいました。 当然起床時間はいつもより2時間遅く、出かける前の隙間時間にブログと格闘するという情けない状態です。 お酒を飲むとコミュニケーションをとりやすく…

刺激がないサラリーマンには副業をした方が良いという話

札幌は先週末からの大雪で、一気に冬モードへ突入しています。 一軒家の方々は雪かきで忙しそうです。 一軒家も良いなあと思うことがあるのですが、この雪かきの参上を考えると、冷静になれます。 雪かきでかなりの時間をロスしているような気がします。 さ…

歩くのが遅い人は仕事も遅いという話し

仕事が遅いなあという後輩や同僚を見ていると、ある共通点があります。 歩くのが遅い。 仕事が遅いから一緒に仕事をしているだけでもイライラするのに、仕事が遅い人間が前を歩いていると、こっちの歩くスピードまで落とさなければならなくて、リズムが狂っ…

仕事ができるあの人が月曜日にピリピリしていたワケ

月曜日がやってきました。 日本中のサラリーマンが激しく恐れる月曜日です。 私が昔働いていた職場に、月曜日の朝に限ってピリピリしているマネージャーがいました。 私はてっきり月曜日の朝は、働き者の彼女もさすがに働くのが嫌で、それで機嫌が悪くてピリ…

空気を読むのやめて残業をしなくなったサラリーマンに何が起きたのか。

職場で空気を読むことをやめて、無駄な残業をしないようになって数年が経とうとしています。 それまでは一般的なサラリーマンのように、やることがなくても、定時で退社することなどはなく、なんとなく、そして絶対に効果があがるわけがない営業先リストなど…

仕事でのミスが多い人が今すぐ気をつけたいこと。

昨日は久々に休肝日としたため、夜は少し物足りなさを感じましたが、今、この瞬間に訪れている、お酒を抜いた朝の多幸感を味わってしまうと、やっぱりお酒やめようかなと考えてしまいます。 朝4時に起きて、入浴しながら本を読んで、今まだ5時半。 素晴らし…

残業をしないで早く帰るための3つの方法

いよいよ12月です。 12月は忘年会やプライベートの用事も多くなりがちですので、できれば残業をしないで早く帰りたいですね。 残業をしないで早く帰るための方法について書いてみます。 メモを取らない サラリーマンの基本である、メモをとるという行為をや…

役員が職場の庭掃除をしてはいけないわけ。

いよいよ本格的な冬が来たなという事を感じるような、突き刺さるように肌寒い朝の札幌です。 自分が働いている会社には、銀行出身の役員Aがいます。 人柄よろしく、数字にも強いということで社内では絶大な信頼を得ています。 その役員A、日中に会社の庭掃除…

プロセスを重視する人々に囲まれて育むキャリア

「自分が指示をしたプロセスとは異なったプロセスにより、成果を挙げた部下を評価するか?」 我が社が人事評価制度として、成果主義を導入することとなった際の研修で、講師から出た質問に上記のようなものがありました。 参加していた管理者の9割以上は、評…

憂鬱な月曜日には仕事の因数分解を

また月曜日がやってきました。 一体何度経験をすると、この月曜日の憂鬱さとサヨナラすることができるのでしょうか。 40代にもなって月曜日が憂鬱などと書き連ねている時点で、大きな問題があることはわかっています。 憂鬱と感じない、自分が本気で打ち込む…

人の気持になって考えられない人が仕事ができるわけない

先日、部下のクライアントからお節料理を買う機会がありました。 部下の営業につながるのならと、しょうがなくというところです。 注文や支払いは勿論部下の顔を建てる意味で、部下を通して行いました。 忘れる前に早目にお金を払おうと思い、部下にお金を渡…

どうして残業しないで帰れるのですかと聞かれたので、こう答えた。

先日社員旅行が開催されました。 土日を使うという愚の骨頂で、腹立たしい気持ちでいっぱいでしたが、強制参加という荒業を繰り出されたことによりやむを得ず出席しました。 強制参加・・・。 さて、社員旅行ということで、普段同僚と仕事以外の会話を殆どし…

やっぱり飛び込み営業はやめた方が良いという話

12月の売上見込が悪いということで、死に物狂いで仕事を取ってくるようにとお達しがございました。 自分に関しては幸運にも12月はそれほど悪くない、むしろ良い見込だからあまり気にしていないのですが、そもそも突然死に物狂いになって仕事が取れるものなの…

稼ぐためにレアカードになるという考え方で人生は楽しくなるやも。

2016年11月最後の日、今日が終わるといよいよ12月ですという朝6時半。 北海道札幌の空はまだ薄暗いです。 ちきりんの「自分の時間を取り戻そう」を読んでから毎日(といっても2日)、働き方や、これからの人生をより快適に過ごす方法をいつも考えています。 …

ちきりんの「自分の時間を取り戻そう」は当たり前すぎて大切な事が書いてある良書

「取り戻す」っていうフレーズはなんだかロックの香りがして好きなんですよね。 本来は自分にあったもの、本当の自分みたいなものに近づこうと決意している感じが力強いからなのでしょうか。 人気ブロガーちきりんの新作「自分の時間を取り戻そう」をKindle…